Floor hockey

フロアホッケー



 フロアホッケーはスペシャルオリンピックスが作ったアイスホッケーに似た競技です。フェルト製の直径20cmの穴の空いたパックを棒状のスティックで操りドリブルやパスをしたりゴールへシュートをして得点を競う競技です。
 プログラムでは基本スキルの練習から試合形式のミニゲームなどの練習を行い、冬季ナショナルゲーム(アスリートのみのチーム)やエフピコ杯フロアホッケー全国大会(アスリート・コーチ混成チーム)などの大会での勝利を目指して頑張っています。
 アスリート・コーチ・ファミリーが一緒に練習をし、楽しく技術の上達・体力の向上だけでなくチームプレーを通して仲間を思いやれる気持ち・お互いが助けあえるような取り組みをしています。
 参加者全員が未経験からのスタートです。コーチの指導だけでなく仲間も優しく教えてくれます。少しづつかもしれませんがメンバーは確実に上達しています。
 2017年3月に開かれたSO冬季世界大会オーストリアには、SON京都フロアホッケープログラムからアスリート、コーチ各1名が日本選手団として参加しました。
 楽しかったからまた練習して上達しようと思えるプログラム作りを心がけていますので、やったことがないからちょっとと思われるかもしれませんが一度見学に来てください。きっと楽しそう・やってみたいという気持ちになると思います。
 ボランティアコーチも募集中です。フロアホッケー経験者のコーチは一人もいませんので!!